Service introduction

サービス紹介

arrow2017年2月視察実績arrow

日程:2017年2月19日(日)~2月23日(木)

2017年2月19日(日)から23日(水)3泊5日「ベトナムで活躍・成功している企業様から「成功談・失敗談」を聴く視察ツアー 2017」を開催いたしました。
今回は、晴れと雨が交差する天候不良でしたが、IT企業様が中心に日本から参加いただき現地IT企業だけでなく、飲食店、総合コンサルタント、人材、会計と幅広い異業種様へ訪問をして現地の「成功談・失敗談」の声を頂きました。

視察後は、注目されているAsean地域、特にAseanの窓口であるベトナムの活気ある風土を直接肌で感じていただき、若者を中心とした人口構成上、これから経済成長する姿を見る事が出来ました。

初日

ベトナム一日目

ホーチミンタンソンニャット国際空港で視察ツアーに参加して頂きます皆様方と 待ち合わせです。東京成田国際空港、中部国際空港セントレアから長時間のフライトお疲れ様でした。
ホテルに向かう途中、突然の豪雨を見舞われましたが、若者であふれた活気ある発展途上国を目のあたりにして宿泊先のホテルに到着しました。
到着後は、少し休憩をしてホーチミンの市内観光へと出かけました。未整備な道路、バイクの多さからなる交通渋滞に巻き込まれましたが、若い人達がスマートフォンや、タブレットを利用してショッピングやSNSを利用している多さに驚きました。

2日目

tachibanaAGS缶's BAR

最初の訪問は、ホーチミンに2号店を構えた飲食店「Tachibana Japanese Restaurant」に訪問しました。
親会社は大分県で建設業を営んでいます。ホーチミン1号店は商業施設であるVinCom Centerにございます。2号店は、現地富裕層や駐在員が多く住む町Phu Nhuan(フンニャン)区にお店を構えて、現地駐在員だけなくベトナム人にも日本の本格的な味を楽しんでもらえる飲食店です。

昼食は、昨年12月にホーチミン1号店を出店したちよだ鮨様に訪問をしました。弊社フォイスベトナムの自社製品であるベトナム飲食店向け「POSレジ」を導入して頂いています。ホーチミンに居ながら、日本と変わらぬ品質と味を提供する料理を堪能しました。

午後は、AGSベトナムに訪問しました。駐在員事務所や現地法人設立から会計、税務、法務まで幅広く日系企業のサポートをしています。特に今回参加してますお客様はIT企業様が中心です。ベトナムではIT産業を奨励投資分野に指定しており「4年間免税・その後9年間50%減税」とIT企業は誘致・優遇を受けており、多業種に比べてベトナムへ進出がしやすくなっています。

初日の企業訪問後の締めくくりは、弊社運営缶詰bar「やまとなでしこ」での親睦会です。料理歴30年のベテランコックによるその場で調理を拝見しながら鉄板焼きを楽しみました。また、ベトナム女性が日本の浴衣を着て、日本と変わらぬ接客サービスを行っていて、参加者同士、ベトナムへの視察参加の経緯やベトナムの未来像について熱く意見が交わされました。

3日目

ISBバイタリフィアジアVETJO

3日目は、IT企業と広告会社を中心に訪問をしました。
最初の訪問は、東京五反田に本社を構えてますISBベトナムへ訪問をしました。日本からのオフショア・ラボ型開発を中心に、昨今ではベトナム国内のローカル企業、東南アジアの国々から開発案件に携わっています。ベトナム語、英語、日本語スタッフを揃えており少数から100人月案件まで、幅広い案件に対応をしています。また、約100人が入る開発ルームも見学させていただき、案件ごとに日本人を構えて取り組んでいました。

昼食は、イオンモールに行きました。日本と変わらぬ規模の商業施設の中に、日系の店舗はもちろん外資系のアパレルがテナントを構えていました。昼食は、自由行動として参加者同士が複数に分かれて行動をとりました。

午後は、バイタリフィアジア様へ訪問しました。東京渋谷区に本社を構えて、ホーチミン支社には日本人エンジニアを6名程常駐させて、オフショア開発・ラボ型開発を中心に、開発案件を手掛けています。ベトナム支社長の言葉に「覚悟を決める」お話を頂きました。ベトナム人の性格を知る、一緒に仕事をする為には、1年2年の常駐では駄目、10年、20年ベトナム人と一緒に開発案件に携わることでお互いの文化や国民性を理解して良い仕事が成しえる、視察参加者一同とても驚いておりました。午後の2社目は日系でベトナムWEBメディア事業最大のVIETJO(ベトジョー)に訪問をしました。日系駐在員、家族様向けにベトナム国内のニュースやビジネス、ライススタイルなど幅広い情報を提供しています。日本人が4名在籍していて、ニュースの配信元との交渉や一番心がけてることは社員一人だけの目線でなく、複数人の目線を取り入れて、一つニュースを配信するだけでも議論を重ねてる点に、とても驚かされました。

その後は弊社フォイスベトナムに訪問をしていただきました。弊社では、ITだけでなく、スクール、飲食の運営を行っております。スクールでは日本人駐在員、ご家族様にはベトナム語、ベトナム人には日本語教育をレベル別に分けて授業を行っています。

社員への日本語力にも力を注いでおり、弊社のエンジニアとお客様同士で直接コミュニケーションを図っていただき、弊社でのオフショア開発、ラボ型開発での実績や体制面などについてお話をさせていただきました。

最終日

キャリアリンク最終日昼ご飯最終日昼ご飯2

本日は視察ツアー最終日となります。若干お疲れ気味の参加者もいらっしゃいますが午前中は、ベトナム最大級の人材・求人会社であるキャリアリンクにお邪魔しました。ベトナムが提供する日本人求人求職の専門サイトであり、ベトナムにおける労務人材マーケットを中心に、IT人材採用に関してお話を頂きました。ベトナムの業種では比較的給与水準が高く、特に参加者方々からは、日本と異なる労働法や賃金・福利厚生について多くの質問が飛び交いました。キャリアリンクの担当者は、ベトナムの魅力にひかれて、元々日本ではITエンジニアでしたが、ベトナムの魅力が忘れられず、現地採用です。

昼食は、ベトナムローカル店に行きました。ベトナム南部の庶民料理で、砕き米を炊いたものに牛肉と焼き卵をワンプレートに載せたご飯です。牛肉は甘辛いタレに漬け込んで炭火で焼かれており、とても香ばしく美味しい評価を頂きました。

視察最後の訪問先は、名古屋に本社を構え、ホーチミンで日系企業を中心に会計税務進出支援を行ってる名南アカウンティングベトナムに訪問しました。今まで扱った日系企業様のケーススタディを用いて、労働、税務、会計など色々な状況に応じてお話を頂きました。ITに特化せず、他業種がベトナムに進出した際の留意点、ベトナム人の雇用社会保険料、その他掛かる保険費用など幅広い視野で教えていただき、参加者方々は熱心にメモを取られていました。

視察終了後は、日本の同僚・家族・友達への買い物でベンタン市場(Ben Thanh)に行きました。ホーチミンの観光スポットでもあり、約2000軒を超える店舗が連なっていて、商品が上積みされています。参加者同士、視察ツアーを振り返り、現地に来て自身の目で見て回ることでしか発見できなこと等のお言葉をいただきました。

視察担当からひとこと

Moriguchi-san

我々も改めて、グローバルサポートサービスへの期待を感じています。

今回私も同行させて頂き、ベトナム市場や他の海外市場を相手にしている多数の経営者様や経営幹部様とお話をさせて頂く機会に恵まれ、その熱気やスピード感に触れ、大変刺激的な視察でした。好評につき次回開催も決定しておりますので、また多くの方にベトナムの「今」を体感頂ければと思っています。

好評につき次回も開催予定!!arrow

arrow2016年11月視察実績arrow

日程:2016年11月20日(日)~11月23日(木)

2016年11月20日(日)から23日(水)3泊4日「ベトナムで活躍・成功している企業様から「成功談・失敗談」を聴く視察ツアー2016」を開催いたしました。
今回は、日系企業だけでなくベトナムローカル企業へ訪問をして、教育、人材、広告、IT、製造業と幅広い業種先へ訪問をして現地の声を伺いました。

初日

初日

ホーチミンのタンソンニャット国際空港で参加者皆様方と待ち合わせです。
その後、ホーチミン市内をドライブしながら宿泊先のホテルに送迎しました。長時間のフライトで疲労もあるため、夕方はフリータイムにしました。

2日目

ヒューテック大学06120601なでしこ

金沢工業大学と姉妹関係を結び、ITエンジニア育成と日本語に力を注いでるヒューテック大学にお伺いをいたしました。 学長から歓迎を受け、現地の大学生と日本語で交流をしました。日本への技術力の高さ 経済発展のへの尊敬があり、学生から多くの質問を受けました。
次は人材会社です。ホーチミンは大らかな雰囲気とのんびりとした風習があります。 時間に対する考え方も大雑把な反面、勤勉な人が多いです。日本企業への就職・転職希望者は多く、現地での採用や人材の教育についてお話を頂きました。
昼食は、日本、カンボジア、シンガポール、そして今年ホーチミンに1号店を構えた ラーメン武一新道で昼食を取りながら、ホーチミン店責任者から、出店経緯や飲食店を運営して成功談失敗談のお話を頂きました。
午後は、ベトナムや東南アジアで日系向け情報誌を発行してる週刊Vetterへ訪問しました。 ベトナムのマーケット状況、日系企業の進出増加や広告手法まで幅広くお話を頂きました。 参加者の一人、フードコンサルティング方から、ベトナムで飲食を出店する際のライセンス取得から集客方法など活発に意見が交わされました。
中身の濃い一日の締めくくりは、弊社運営缶詰バー「やまとなでしこ」での親睦パーティーです。 12月ホーチミンで1号店を構えたちよだ鮨様をゲストスピーチに迎えて、海外ビジネスへの熱い思いが集まり、大変盛り上がりました。

3日目

CMCビテスコビテスコ

ベトナム最大商業施設とオフィスビルを構えるビテスコフィナンシャルグループ様へお伺いしました。日系や外資企業が多くテナントへ入っていて、賃貸上で注意点や法律や税務を絡めてお話を頂きました。また、空きフロアーを見学させていただきました。 その後、ベトナム最大情報通信会社CMCグループへ訪問をしました。日本のNTTとも連携をしており法人企業向けのインターネットサービスの提供、ベトナム全土を網羅するデータセンターソフトウェア開発に力を注いでいます。
午後は、IT企業大手のNECベトナムに訪問しました。ベトナムの市場状況からIT、特にオフショア開発、ラボ型開発、ベトナムエンジニアの技術力など多方面な視野からお話を頂きました。 視察参加のIT企業様は中国で既に開発を行っている中で人件費の高騰等からベトナムへシフトを検討しており、積極的に意見交換が行われました。
その後は、弊社フォイスベトナムに訪問をして、弊社社員と活発的に情報交換をいたしました。 夜は、お客様にベトナムローカルフードを満喫してほしく、仕事だけでなくベトナム人の プライベートな情報まで、社員と一緒に「モー・ハイ・バー(乾杯」を通して、楽しい夜を過ごしました。

最終日

LixilLixil会計会社

若干お疲れ気味の方もいらっしゃいますが、いよいよ視察も最終日となります。 ホーチミンを離れて約1時間、ドンナイ省に工場を構えてるLIXILベトナムに伺いました。 日系の工業団地地域でもあり、多くの工場が密集している場所です。 日本向けの製造、ベトナム国内、東南アジア向けに製造・輸出をしてる中で、日本人とベトナム人が 協力をして物作りを行う観点から成功談、失敗談を語って頂きました。
昼食は、9月にオープンした弊社の2号店Cafeなでしこで、東海地方で人気の「ベトコンラーメン」を 食べながら参加者同士で談笑を楽しみました。
訪問先最後は、ローカル会計会社に訪問をしました。IT企業、飲食店にフォーカスを当てて、ベトナムで 営業所・支社、飲食店を構える注意点にはお客様から活発に質問が飛び出しました。 ITと飲食では異なる税務体系を法律を交えてお話を伺いました。
また、会計会社からは、一人一人にベトナム衣装のアオザイが描かれたお皿などをプレゼントで 頂きました。
視察終了後は、Cafeなでしこで夕食を通して、視察で得た情報で意見交換が交わされました。
次回は2017年2月に視察ツアーを予定しています。

好評につき次回も開催予定!!arrow

arrow2016年6月視察実績arrow

日程:2016年6月5日(日)~6月9日(木)

2016年6月5日(日)~9日(木)の3泊5日で、「ベトナムで活躍・成功している経営者から
「成功談・失敗談」を聴く視察ツアー 2016」を開催させて頂きました。
先月は、ソフトウェア開発会社様向けに個別視察を実施させて頂いたのですが、今回は経営コンサル様、広告業様など、多数の企業を支える士業様に多数ご参加頂きました。参加者様の関心が高い分野を集中的に視察先様にご協力頂き、今回も現地の日系企業様から貴重な体験談を頂戴しました。

初日

初日

参加者皆さんと、無事ホテルで集合です。現地集合現地解散という事で、海外が初めての方の場合ですと、一人でホテルにたどりつく事も海外視察の醍醐味でして、私もホテルで参加者様全員が無事に集まれることにホッとする瞬間です。長時間のフライトの後でもあるので、今日はフリータイム。明日からの視察、宜しくお願いします。

2日目

イオン丸亀製麺やまとなでしこ

まずはベトナムの人財事情を知るべく、ベトナム人気求人サイト「キャリアリンク」様で人財トレンドと労務事情をお伺いしました。日本企業の人気に陰りが見えているというような情報もあり、私共にとっても色々考えさせられる貴重なお話を頂きました。
その後、日本でおなじみのイオンショッピングモールのベトナム1号店に昼食を兼ねて視察。丸亀製麺なども進出されており、ローカライズされたメニューに興味深々です。
午後からは広告会社様、法律事務所様で現地ビジネスでのリアル情報をご提供頂きました。こちらでは参加者様と視察先企業様との間で、具体的なビジネス商談も即座に発生し、視察の有効性を改めて体感して頂きました。

中身の濃い一日の締めくくりは、恒例となります弊社運営缶詰バー「やまとなでしこ」での親睦パーティーです。ここでは現地経営者様にゲストスピーチを頂戴する中、参加者様のお知り合いに飛び込み参加して頂くなど、海外ビジネスへの熱い思いが集まり、大変盛り上がりました。

3日目

フォーバル様ビテクスコファイナンシャルタワー展望フロアから

本日は、日本でも全国展開されている経営コンサルタント「フォーバル」様のベトナム視点で、最新現地同行と、ASEAN地域の中でのベトナムの優位性という点で、貴重なお話を頂きました。
その後は、日本の九州地区でチェーン展開をされている人気居酒屋「しょうき」様のベトナム支店で、特別にランチ対応をして頂きました。近年の日本食の人気も追い風に、日系飲食サービス業様が、多数進出されており、そんな飲食事業をベトナムで経営していく中での苦労話やアルバイト事情などお伺いさせて頂きました。とくに人件費などの情報には参加者様も興味深々の様子でした。
お昼からは、さらにベトナムの経営事情を把握する為に、経営コンサルタント会社様にお伺いし、ベトナムの中でもホーチミンとハノイとの違いや特徴などについてもお伺いさせて頂きました。
視察後は市内観光を予定しておりましたが、生憎のスコールに見舞われました。雨季なので、しょうがないのですけどね。
そこでプランを変更し、ベンタン市場とホーチミン市内一の高層ビルであるビテクスコファイナンシャルタワーの、展望フロアにアテンドさせて頂きました。生憎の天気の中でありましたが、ホーチミンの成長・発展を目の当たりに出来る光景が360度広がる素晴らしい景色で、感動です。
タワーから降りた後もスコールは止まず、ホテルに戻って自由行動に。

最終日

最終日SG SAG VIETNAM(佐川急便)様1SG SAG VIETNAM(佐川急便)様2打ち上げ飲み会

若干お疲れの様子の方もいらっしゃいますが、いよいよ視察も最終日となりました。
日系人財紹介会社様で、ベトナム人の「働く」ことの価値観について、成功事例、失敗事例交えてプレゼンテーションをして頂きました。担当者様のプレゼン力に、参加者の方々もうなっていらっしゃいました。
次にフォイスベトナムを見学です。弊社のオフィス環境や人財についてご紹介し、ベトナムで事業を行う事をより身近に感じて頂ける様、現場を見て頂きました。特にベトナム人スタッフのコミュニケーション力がどれくらいのものなのか、直接触れ合って頂く事で、ご理解いただいた部分も多かったのではないかと思います。
昼食は、弊社現地社員が普段通うローカル飲食店で、ブンボーフエという麺料理です。香草が苦手な参加者様もいらっしゃいましたが、郷に入りては郷に従えですね。
昼食後、小一時間のタクシー移動にて、視察先としては最後となる、SG SAG VIETNAM(佐川急便)様で、ベトナムでの物流事情について勉強させて頂きました。TPPを睨んだ中国からベトナムへの製造拠点を移す動きもあり、ベトナムでの物流量はより一層増加しているとの事です。普段なかなか見る事の出来ない倉庫見学もさせて頂きました。
視察後は参加者様と打ち上げ飲み会です。お客様からのリクエストもあり、日系居酒屋「膳」にて乾杯です。3日間の視察を振り返って頂き、ご満足頂いたとの声を頂きました。また、今後の改善に向けた貴重なアドバイスも頂き感謝です。
私共も、お客様と共に成長させて頂いている事を改めて実感したひと時でした。
次回は11月に開催予定です。またたくさんの方に、ベトナムの今を体感して頂ければ嬉しいです。

 

好評につき次回も開催予定!!arrow

arrow2015年11月視察実績arrow

日程:2015年11月22日(日)~11月26日(木)

2015年11月22日(日)~26日(木)の3泊5日で、「ベトナムで活躍・成功している経営者から
「成功談・失敗談」を聴く視察ツアー 2015」から、参加者の皆さまと共に、無事帰国しました。
今回参加された企業様は、9社。今回は社労士や行政書士、経営コンサル様など、多数の企業を支える士業様と、IT企業様にご参加頂きました。視察先も、それぞれの企業様の関心が高い視察先様にご協力を頂きアテンドさせて頂き、現地の有名/成功している日系企業様から貴重な体験談を頂戴しました。
このツアーを通じて、ご参加いただいた皆さんには、熱い思いや様々な気づき得ることが出来たと、多数のポジティブな感想を頂きました。

初日

初日 日本各地から6時間ほどのフライトでお集まりいただいた参加者様とタンソンニャット空港で合流もつかの間、現地スタッフもなかなか遭遇する事のない、激しいスコールに見舞われながらスタートを切った今回の視察。ホーチミン市内のホテルにチェックイン後、早速視察先訪問です。
今回の視察においては、年に1回開催されている「和僑会 世界大会」も御縁があってアテンドさせて頂きました。総勢600名もの全世界から和僑が一堂に会し、そこに集まる方々と、貴重なの情報交換、人脈形成の場となりました。

2日目

2日目 まずは弊社子会社である、「フォイス ベトナム」にて、ベトナムにおけるIT事情や、ベトナム人スタッフとの交流をしていただきました。弊社がベトナム語スクール事業を手掛けている兼ね合いもあり、参加者の皆さんには、簡単なベトナム語講座を開催させて頂き、基本挨拶や値切り方!?なども、学習して頂きました。これからの視察の中で、ベトナムを自分の目、耳で体感頂く準備です。
その後は、本の中でも限られた企業以外の視察という事で、「クチトンネル」に皆さんで視察。ベトナムの歴史に触れながら、ホーチミン市民のバックボーンにある気質なども感じて頂きました。

3日目

ベトナムワークスSUSHI Barやまとなでしこ

ベトナム求人メディア最大手企業「ベトナムワークス」様、日系企業を多数サポ―トされる会計事務所様、現地在住15年のローカルライセンスを持つレンタルオフィス業様などを視察させて頂き、急成長/急発展を遂げるベトナムの現状や、それをささえる人材についてのトレンド、最新ライセンス事情なども押さえて頂きました。
昼食は、有名日系飲食店「SUSHI Bar」様で、ランチ御前。こちらの店舗業務を支えるITシステムの一部を
弊社でもサポートしております。
また、夜には現地で活躍する経営者様とご一緒しての懇親会です。店舗内装業、酒卸販売業、飲食開業コンサルタント、不動産業など海外異業種交流の場となりました。なお、懇親会は弊社開発POSシステムのショールームでもある鉄板焼「やまとなでしこ」で開催しました。

最終日

最終日 昨日に引き続き、訪問先目白押しのスケジュール。ベトナムに訪れた人なら、利用した方も多いと思いますが、フリーペーパー「Sketch」様、幅広いサービスラインナップと新サービスを生みだすクライアントからも日系印刷業様、
現地情報を提供するWEBポータルサイト運営会社様、日本でも有名なセキュリティー会社「アルソック」様など、幅広いジャンルの企業様を視察させて頂きました。ベトナムの裏事情やビジネスリスクなど、リアルな情報もあり、参加の皆さんも興味津々なご様子でした。そんな視察もあっという間に時間は過ぎ去り、最後はサイゴン川のほとりで打ち上げパーティー。「またベトナムに来ます!」と皆さん強い気持ちを持たれておりました。

好評につき次回も開催予定!!arrow



こんな所で視察できる! 話が聴ける!

こんな所で視察できる! 話が聴ける!

戻る